欧米風の食生活は要注意!ワキガ悪化の原因は“食事”にあった

お肉が大好きで野菜は嫌い、味が濃いもの、甘いものが大好き…

そんな、欧米風の食生活を送っている方、要注意です。

実は、欧米人のワキガ率は日本人の約8倍!その原因は、人種的な要因に加えて“食生活の影響”が大きいと言われています。

果たして、ワキガと食生活はどのように関係しているのでしょうか。

ワキガの原因とは?

ワキガは“遺伝”

まずは、ワキガのそもそもの原因について知っておきましょう。

ワキガはその9割が遺伝です。不潔や肥満、細菌感染が原因だと思い込んでいる人もいますが、それは大きな誤解。重度のワキガの場合、どんなに清潔にしても臭ってしまうことがあるのです。

具体的に何が遺伝しているのかというと、「アポクリン腺」という汗を作り出す器官の数です。このアポクリン腺から出る汗には、肌の常在菌のエサになる成分を多く含んでおり、この菌が汗を分解することによって強烈なワキガ臭を生み出しています。

生活習慣は関係ない?

では、食生活をはじめとした生活習慣は、ワキガとは関係ないのでは?と思われますよね。

実は、そもそも体臭は生活習慣と密接な関係があります。

ワキガと一口に言っても程度があり、臭いが強いとき、弱いときがあります。それは、アポクリン腺から出る汗の量や成分に差があるからです。

生活習慣が乱れ、血行が悪くなり老廃物が体内でたまっていれば、汗から出る臭いの成分も濃くなります。食生活でも、血液をドロドロにするようなものばかり食べていれば、汗の質が悪くなることは明白です。

これは、ワキガ体質でなくても言えること。ワキガではなくても、日頃の生活によっては体臭がきつくなります。

臭わせたくない、ワキガを悪化させたくない人は、ぜひこれからご紹介する食生活のポイントをチェックしましょう。

ワキガを悪化させる食生活とは?

欧米風の食生活

全体の8割の人々がワキガであるという欧米では、体臭がきついことは普通であると受け止められていて、治療を希望する人もあまりいません。

それほどワキガが当たり前になっていることの背景には、遺伝としてのワキガ以外にも、体臭がきつくなる食生活が関係していると言われています。

肉、乳製品など

魚や野菜を中心とした、昔ながらの日本人の食生活と異なり、欧米の食生活は肉や乳製品の比率が非常に高い食事をとってきました。

この肉や乳製品というのが、体臭を特に強くする食品なのです。

肉などの動物性タンパク質が腸内で分解されると、強い腐敗臭(アンモニア、硫化水素など)が発生します。さらに、動物性脂肪が酸化することで、いわゆる“古い油の臭い”のように悪臭を放つようになります。

これらの臭いのもとは、老廃物として体内に出る以外に、血液に吸収され汗と一緒に出て行ってしまいます。

スパイス、塩分や糖分が多いメニュー

動物性タンパク質や脂肪が少なくても、スパイスや調味料がふんだんに使われた香りの強い料理も、体臭を悪化させる原因になります。

料理に香りをつけるスパイスは、やはり体内でも臭いのもとです。また、スパイスには発汗作用が強いものが多く、ワキガの原因になる汗を増やす可能性もあります。

塩分や糖分は、血液をドロドロの状態にし、臭いのもとの老廃物を体の中にため込んでしまいます。また、味の濃い料理は油もたくさん使われていることが多く、肉の場合と同様に腸の中から悪臭を出してしまいます。

アルコールやニンニクは口臭だけじゃない

欧米風の食生活以外にも注意したいのが、アルコールやニンニクなどの、日頃“口臭を気を付けている食べ物”です。

アルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドや酢酸に分解されます。それらはどちらも臭いが強い成分。また、体が温まり発汗も促されるので、汗や皮脂が増えます。そうすれば、ワキガの原因も倍増、体臭は悪化してしまいます。

ニンニクやニラ、ネギなどの臭いの強い野菜も要注意です。これらの野菜に含まれている臭いの成分「アリシン」が、腸から血液、そして汗に吸収され体の外に放出されてしまいます。

酒臭い、ニンニク臭い、は口だけの臭いではありません。体臭が気になる人は、食べるタイミングを考えたほうがよさそうです。

体臭が改善される食べ物ってある?

では、逆に体臭を改善するために積極的に食べたほうがよい食べ物はあるのでしょうか。

その答えが、「アルカリ性食品」です。

食べ物には、体を酸化させる酸性食品と、体内でアルカリ性に働くアルカリ性食品があります。健康な体は弱アルカリ性の状態であり、酸性食品を食べ続けていると体が賛成に傾いてしまいます。

先にも触れたように、体臭は脂肪などが酸化することで悪化します。つまり、体が酸性に傾いている時、体臭も強くなっているのです。もとの弱アルカリ性の体に戻すには、アルカリ性食品で中和する必要があります。

欧米的な食生活を送っている人や、日頃体臭を気にしている人は、特に積極的に食べたいアルカリ性食品ですが、具体的にはどんなものがあるかというと…

・緑黄色野菜
・梅干し
・海藻類
・バナナ
・大豆

などの、ビタミンやカリウム、アミノ酸などのミネラルが豊富な食品があげられます。肉料理などの酸性食品を食べる時には、野菜サラダをプラスして体内を中和するようにしましょう。

まとめ

ワキガの原因は遺伝…確かにそうですが、食生活によってその程度は大きく変わります。また、ワキガではなくても、酸性食品ばかりを食べていれば、体臭は強くなります。

まずは、自分の食生活が

・肉や乳製品、脂っこい食べ物に偏っていないか
・アルコールの量は適切か
・臭いの強い野菜を頻繁に食べていないか

振り返ってみましょう。

そして、

・アルカリ性食品(野菜や海藻、果物など)をしっかり食べているか

これを意識して食生活を改善していってください。きっと、気になっていた自分の臭いに変化が現れるはずです。

【ワキガ対策完全版】脇臭で悩む女性の人気商品ランキング